持ち込み荷物のX線検査、出た画像は生きた猫 米空港

(CNN) 米運輸保安庁(TSA)は、持ち査出米バージニア州ノーフォーク国際空港の保安検査で乗客の持ち込みバッグのX線検査を進めていた際、込み生きている猫が鮮明に映し出されるサプライズがあったとこのほど報告した。荷物た画

同庁によると、のXこの種の出来事は米国内で以前にもあった。線検像はただ、生きX線検査に猫を通すことは大きな間違いとして、た猫米空猫好きの旅行客に注意を呼びかけた。持ち査出

持ち込み荷物のX線検査、出た画像は生きた猫 米空港

運輸保安庁の報道担当者はCNN Travelの取材に今回の事例に触れ、込み当該の旅行客はペット持ち運び用のバッグに収容した猫をX線検査前に外に出す必要性を知らなかったり、荷物た画あるいは失念していたりした可能性があると指摘。のX

持ち込み荷物のX線検査、出た画像は生きた猫 米空港

必要な手続きを守らないと、線検像はペットとその飼い主は保安検査を最初から繰り返さなければならない手間に陥ると警告した。生き

持ち込み荷物のX線検査、出た画像は生きた猫 米空港

報道担当者によると、た猫米空ペットと一緒の旅行客は金属探知機を通過する前、持ち査出ペットをバッグなどから外に出すか、リードを着けたまま探知機の下を進ませる措置が必要。飼い主に同行する小型犬では通常の対処方法になっているという。

ただ、猫の場合、犬と比べ次の行動が読みにくいきらいがあるためリードを着けていないのなら個室での検査を推奨すると指摘。「猫がひっかいたり、噛(か)んだり、飛びはねたり、あるいは逃亡を試みたりすることを防ぐため」と続けた。

発言小町
上一篇:外媒:在波罗的海两架美国轰炸机向俄边界飞行,苏
下一篇:中国の海外旅行再開は世界の観光業にプラスの影響 UNWTO